今回はアユタヤに行きたく。。。
色々と事前に調べて、国鉄で行くのが
一人旅では良いと思いましたが
日帰りの場合、帰りの混み具合で
エアコンなしの車両しか空いていなかった。
また、自転車で廻るのは広すぎて暑い等々の
アユタヤ観光の口コミを読み
始めてのアユタヤ観光は、楽をして半日観光ツアーを
検索していると
「像乗りなし」「午後」でHISの半日ツアーで1300バーツ
見つけて、申し込みました。

HISの待合場所は、3人のみでしたが
案内された大型の観光バスには、既に乗車されている方もおられ
計29人で出発。
この人数ですので、二人掛けのシートは独占できて普通の旅と変わりません。
始めの観光地のヴィハーン・プラ・モンコン・ボピットに降りた時は
一人では。。。小恥ずかしい気持ちでしたが、ほぼ自由行動なので
慣れれば、普通の観光気分で遺跡巡りができました。

ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット
2a19f231.jpg

礼拝堂の横には遺跡がありワクワクしていましたが。。。
先にヴィハーン・プラ・モンコン・ボピットの観光です。
(ここが、ツアーの辛いところ)
しかし、礼拝堂に入ると金色の巨大大仏があり感動ものです!
d39730d7.jpg

ワット・プラ・スィ・サンペット
簡単な説明を受けて自由時間。
この景色が求めていたアユタヤの遺跡!
ワクワクしてキョロキョロ観光していると
自由時間の15分はあっと言う間でした。
0a293906.jpg

0f40d0b0.jpg

エレファントキャンプ
像乗りが15分300バーツで追加できましたが。。。
大半の方が申し込んで乗られますが、まったりと休憩することにしました。
767296a6.jpg

待つ方のことも考えて?ここには灰皿がしっかりとあり
ここまで歩いて来た、ワット・プラ・スィ・サンペットが眺められて
喫煙所はまったりするには良い場所です。
07df324b.jpg

ここでお土産として、像のお香を100バーツで購入。
225f4c18.jpg


暫くしてバスが向いに来て
ついに、皆さんもご存知の「木の中の仏様の顔」
「大仏さんが寝ている」所への移動です。